なんとも寒暖差の激しいこと。

かくいう私も風邪をひいてしまいました。

風邪を引いて寝ているときなんとなく、風邪の語源が気になり調べてみました。

「風邪」の語源は「風」。

神代の人にとって風は単なる自然現象ではなく、神風という言葉が示しているように、神が往来するときに伴う現象と信じられていました。

特に、悪霊が吹かせる邪悪な風は、人間の体に障りをもたらすとして、病気に「かぜ」の語を当て、「風邪」と書いたのです。

昔は祈祷などの民間療法があたりまえでしたから、病気になると<何かが取り憑いた>とも考えたそうです。

ん~、まぁ。といったところですね。


皆様、風邪には十分気をつけてください。

YI