ようこそお越しくださいました。お葬式の裏舞台、わからない事だらけの業界で、日々 奮闘するスタッフ達のブログです。これも何かのご縁です、ゆっくりしていってください。

2018年07月

毎日を悔いなく

若い方やご高齢の方などお亡くなりになられる方の年齢は一様ではありません。

人の生涯は過ごした年数ではなく、どのように過ごしてきたのかが重要だと感じます。

命に保証期間はありませんので、終わりが明日なのか10年先か。それとも50年先か。

その日は誰にもわかりません。

先の見えない不安より、毎日を悔いなく過ごすことが大事だと改めて教えられます。

s.t

感情移入

自分の家庭環境や過去の境遇に似たお家のご葬儀をするにあたり、感情移入をしてしまうのではないか?ということを考えました。

自分の子供と同じ歳のお子様のご葬儀、過去に自分が経験したとても悲しい思いを残した葬儀など…この仕事をしているといつかは同じ状況のご葬儀を担当することもあるかと思います。

その際自分はどうなるのだろうか?普段通りに粛々と進めることができるのだろうか?泣いてしまわないだろうか?

葬儀社員としてどちらが正しいのか?すごく悩むところです…

自分の境遇や経験に近いご葬儀だとご家族の気持ちが理解でき、より寄り添ったご提案ができるかとも思いますが、やっぱり泣いてしまうんだろうな。

実際には未だそのようなご葬儀を担当させていただく機会はありません。

私自身の一つの課題としてこれからも悩み続けるのだろうと思います。

RT


台風

今年は例年と違うことばかり起こっていますね

気温は今までにない40℃

台風は東から西へ移動する

過去の経験は役に立たない

最近毎日のようにテレビのニュースなどで
言われているフレーズですね。

今まで以上に準備をして
いざという時の備える必要がある。

葬儀もまた備えておくといざという時に
あわてずに進めることができる。

仕事も私生活もすべて通じるものがあるのですね


YO

整理整頓

整理整頓
先日、三年ぶりくらいに白木の祭壇を使用しました。白木の祭壇には電気を使用するものもあり、久しぶりに使用するので点灯するのかが不安な点もありましたが、無事使用する事が出来ました。
すると私の上司が
「これも日々、整理整頓している成果ですね。」
とおっしゃられたので、とても実感したのと同時に、今後とも気を付けなければ…と気が引き締まる思いになりました。
ks

初心

晴天かなと思えば雨が降り出したりと、不安定な天気が続きます。
傘は雨晴兼用を持ってると安心だと思います。
また、台風が近づいてきているようなので、これ以上被害などが出たり、大きくならないように祈るばかりです。


先日、業務部に新しく仲間が増えました。
一緒に一日に働く時間は長くはないですが、これから一緒に頑張りたいと思います。

新しい人が増えると自分の入社当時を思い出します。
始めに何をどのように教えていただいて、どう動いていたのか今でも鮮明に覚えています。
周りの方々に指導頂きながら、見て学びながらということは今でも変わらないですが、入社して1年になりますので初心にかえって精進していこうと思います。


Y・S



ギャラリー
  • 開催のご案内