ようこそお越しくださいました。お葬式の裏舞台、わからない事だらけの業界で、日々 奮闘するスタッフ達のブログです。これも何かのご縁です、ゆっくりしていってください。

2017年10月

初めましてのご挨拶。

初めまして。

今日からこのブログに参加させていただきます。


このブログを書くにあたって、誰かの目に見えるのを意識して文章を書くのはいつぶりだろうと思うと思い出してみると学生以来でした。

友達と一緒にホームページを作るのが流行っておりまして、その中の個人ページで何でもない日記のようなことを書いたりするのですが、中でも友達が何を書いているのか見たり、他校にいる友達のホームページを見たりするのが楽しかったのを覚えています。休み時間の話題にもよくなったりしていました。


今振り返ると、自分一人の中で完結している内容や、見ていて分かる人には分かる・・・という内容をばかりを書いたりしていました。文章見ますと、もう何年も前の事なのにあの頃を割と鮮明に思い出せるから不思議ですね。

もうあのころからだいぶ大人になりましたので、誰かの目に触れたときに少しでも意味があるようなことを書くよう意識してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。


Y・S


無縁でありたい

日に日に寒さが厳しくなってきましたね。体調を崩さないようにお気を付けください。

さて本日は、監察医事務所に行ってきました。ここは警察で死因が特定出来ない場合、解剖をして死因を特定する場所になります。
自宅で1人で亡くなってた場合は大体がここに連れていかれます。それは1人で亡くなった原因を解明しないといけないからですね。
またここで発行されるのは「死亡診断書」ではなく「死亡検案書」になります。見た目は同じ用紙で役所への手続き等は死亡診断書と同じ手続きになります。
まあ、あまりこういう場所とは家族なら無縁でありたいところですね。

N.Y

遠くの親戚より近くの他人

先週の週末も台風で各地に被害があったようですが、
今週もまた・・・。
被害者がでない事をお祈りいたします。

さて、先日ご主人を亡くされ、一人でお住まいになる事になった
方とお話しをしておりました。
少しはなれた所にいる息子様と娘様が、毎日のように電話をしてくれ、
嬉しいのですが、少し早く寝た日など電話に出ない日は、次の日、
「何事かしら」と思うほど早朝から電話がかかって来るという事でした。

私も一人暮らしになった母がおりますので、息子様たちのお気持ちは
とてもよく解ります。

うちの母は今は近所の方たちと定期的に集まり、色々理由をつけては
楽しく過ごしているようですし、
まだまだ元気で一人で何でもしてくれるのは有難いのですが、いつ何が
あるとも限りませんから。

こうなるとやはり近所の方に頼る事も出てくるのかと思います。
なんでもお互い様ですので、私も私の近所の方を大切にしたいと
思います。

t.t








ふれあい喫茶

また、台風が近ずいている様ですね。
今日は地域の公民館の喫茶の日でした。
楽しみにしていたのですが、別のイベントで中止になりました。
残念ですが、来月の楽しみにします。

私達は、地域の行事にも積極的に参加しています。
皆さん気軽に声をかけて下さい。

mf

成長は何ではかるのか?

ずいぶん秋めいてきました。夜の空気の感じなんかはとても好きです。

そんなことで、もうあと2か月で今年も終わります。

1年を振り返るとき、自分がなにかしら成長しているのかどうかという見極めは
自分自身ではわかりづらいものです。

他人を見ていると、見事に成長しているなと感じたり、派手ではないが着実に
力を付けているな、とか、逆に退化したんじゃないか?と思うこともあります。

人間は仕事とプライベートにおいていろんなことがあります。
皆知らないだけで、それぞれいろんな悩みや問題を抱えていたりするものです。

そうではあるのですが、我々普通の会社員も公の場と私的な部分とを分け隔て
て、立ち居振る舞うわけです。

しかし、世の中を見渡してみると、完全に混同しているものも多く見受けられます。

また、本筋を見誤ったり、何がいま一番重要で、優先順位として何をしなければ
ならないのか?を完全に見失っている人もいます。

一気に成長できればそれに越したことはないのですが、それは人それぞれ違いが
あり、あって当然です。

ただ、目的や目標が見定められていればよいのですが、とにかく不得手なことを
避けてしまう傾向にある人は多いでしょう。

さて、そんな我々が、自分自身の成長を感じられるとするとどんなところがあるでしょうか?

葬儀の仕事であれば、一番は〇〇さんに任せていて本当に安心でした、とか
本当に助かりました、頼んでよかった、なんて言葉を得られると、あ、成長したのかな?
なんて思えるかもしれません。

しかし以前営業の仕事をしているときもそうなのですが、え、なんでこんなにほめてもらえるのだろう??
と思った時ほど、お客様から内容の良さを言っていただけることが多かったなーと思います。

自分では実感がないのです。

そんなに特別なことをしたとか、なにか工夫に工夫を重ねたとか、そんなこともないのに
お褒めいただく。

ああ、こんな時がもしかしたら知らない間に成長しているのかな?と思うのです。

こうすればほめてもらえる、ということではなく、自然と体がそうなるように動いている
というところまで、どんどん成長していきたいものです。

                                               HO
ギャラリー
  • 開催のご案内
livedoor プロフィール
お葬式日記
  • ライブドアブログ