ようこそお越しくださいました。お葬式の裏舞台、わからない事だらけの業界で、日々 奮闘するスタッフ達のブログです。これも何かのご縁です、ゆっくりしていってください。

仕事の合間に

ゴールデンウィークも終わり、
一気に暑くなった気がします。
半袖の方もちらほら見かける様になりました。

今日は久々にゆっくりとした1日でした。
だから、こんな時にしか出来ない、片づけをしていました。
普段目に付かない汚れやキズなど、
色々と手入れが出来て良かったです。

現場に持って行く道具です。
丁寧に扱おうと思いました。


m.f

確実に

本日のご葬儀中の出来事。

式場を設営していると、外がなにやら騒がしいので出てみると入り口付近で接触事故があったみたいでした。

式場に向かう途中でも事故現場を見かけていたので、こういう時は自分も起こしかねないと帰りの運転はいつも以上の安全運転を心がけました。

ちょっとした気の緩みが大きな失敗へと変わります。

葬儀の現場でも同じです。

一つのミスが大きなクレームへと繋がっていきます。

そうならない為にも、普段から一つ一つを丁寧に確認しながら、確実に行動しなければいけないと改めて思わされる一日でした。

T.Y

必要なもの

先日、私の母が引越をしました。
引越業者さんが昼から来るということで、
朝、ゆっくりしていたのですが、突然母から連絡があり
「もう、あたらしいところに来てるから」とのこと。
業者さんが早めに来て下さったようで、私も慌てて行くと
荷物の運び込みをしてくれているところでした。
「台所」と書かれたダンボールを開けて中身を整理していると、
ラップやビニール袋がいくつも出てきました。
使用中のものと予備一つくらいでいいだろうと単純に思うのですが、
安い時にまとめ買いしたのか、何かの粗品でいただいたのか、
整理が出来ていなくて、無いと勘違いして購入してしまったのか。。。
その他にも編み物の道具やら、たくさんの荷物で片付けが大変でした。

昨年、長く別々に暮らしていた父が亡くなり、業者さんに遺品整理していただいた時の
荷物の量を思い出してしまいました。
その時ほどではないですが、「生前整理」も必要なのかなと思います。

弊社でも、時々遺品整理のことでお問い合わせをいただきます。
ご本人が大切にしておられたものを整理するとなると
ご遺族で相談されたりして時間がかかるものです。

今、何かの話のついでに聞いておくのも良いかもしれませんね。
私は、早速母に聞いてみようとおもいます。

KS

ギャラリー
livedoor プロフィール
お葬式日記
  • ライブドアブログ