ようこそお越しくださいました。お葬式の裏舞台、わからない事だらけの業界で、日々 奮闘するスタッフ達のブログです。これも何かのご縁です、ゆっくりしていってください。

いつでも

ずいぶん、暑くなってきました。
紫外線対策もしなくてはなりませんね。
街を歩く人たちも半そでが多いですが、夜になるとやはり
風はすこし冷たいかなと思います。

さて、今月はようやく母の引越が終わり、
落ち着いたところで、父の納骨をしようと叔父と話を
していたのですが、なかなか叔父から連絡がありません。
少し前に話した時はまだ日程を決めかねていると言っていました。
親戚の数人集まる予定をしていたのですが、
どうしたのでしょうか。

もしかすると、もう少しそばに。。。と思っているのかもしれません。
祖母が亡くなった時も納骨するまで3年くらい経ってからだったと叔母から
聞いたことがありました。
納骨の時期に決まりはありません。しかし、周りから言われてしまうと
あわただしく日程を決めてしまうのかもしれません。

叔父をはじめ、皆が納得のいくようにと思います。

KS

必要なこと

やはり気持ちのいい季節は短くすでに暑いと感じるぐらいになってきました。

そんな中、ある地域でお葬式講座を開催致しましたら、たくさんの方にお越しいただきました。

今、どんなお葬式を皆さんがしているのかなど現状をお伝えさせていただきました。

YO

無事

「無事に終わりました」など「無事」という言葉は日常で良く使われます。

「無事」は元来、仏教語で精神的になすべきわずらいのない状態を言います。

「無事これ貴人なり」と仏典にあります。常識的な思想や分別に基づいて仏や悟りを求めることをせず、ただ人間の本来の姿に徹したそのままの人こそ尊ぶべきだという意味です。

「無事」の対語は「有事」です。事件や事故、核や戦争は「有事」です。
無事は大切ですね。

N.Y
ギャラリー
livedoor プロフィール
お葬式日記
  • ライブドアブログ