ようこそお越しくださいました。お葬式の裏舞台、わからない事だらけの業界で、日々 奮闘するスタッフ達のブログです。これも何かのご縁です、ゆっくりしていってください。

花のように・・・

気づけは、桜も満開を過ぎ、葉桜になり、少しづつ散り始めています。

花は時期が来れば新芽を吹き、蕾を膨らませ、満開の花を
咲かせます。
そして、時期が来れば、そっと散り、枯れて土に還ります。

花も人も同じだと、仰った方がいました。
人も、その時が来れば、枯れて土に還ると・・・

ただ人は医療が発達した事で、枯れる時期を伸ばす事ができます。
延命治療には、様々な考え方があります。
正解、不正解もなく、簡単に答えを出す事も、出した答えに
疑問を抱き続けている方もたくさんいらっしゃると思います。

何を尊重すべきか・・・。

葉桜を眺めながら、そんな事を考えた1日でした。

mf 

慣れ

最近日々過ぎるのが早い!

ということで、その辺のことを少し。


高齢になるほど、時間を短く感じるといいますが、その理由は脳の老化です。例えば、70才以上になると、時間を実際の時計時間よりも10%ほど短く感じるため、320秒を3分くらいに感じるようです。

脳の劣化。どうしょうもないですね。

でもまだまだそんな歳ではないはず。

もう1つが『慣れ』だそうです。

慣れが進むと人は特に何も感じなくなってしまいます。子供のときは泣いて、笑って、怒って、と感情豊かですが、大人になるにしたがって泣きもしなくなりますし、笑いも、激怒することも。

例えば、同じ道を歩く時は行きよりも帰りの方が時間が短く感じる、などがあります。これは行きは一回目ですが、帰りは二回目なので、脳が『慣れ』てその記憶を留めないようにするのです。


『慣れ』になりないように、新しいことに挑戦しましょう。身近な例でしたら、歩いて帰るときは行きとは違う道で帰るとかですね。新しい友達に出会うのも大好きですし、新しい環境も大好きです。その分だけ新鮮な気持ちになれますし、その分だけいわゆる「濃い時間」を過ごすことができるからです。

 

しかし、人は楽な方に流れてしまいます。年をとることにつれて上昇志向がなくなってしまいます。私もいずれそうなるでしょう。

 

常に向上心を持って、新しいことを怖がらないで、「退屈」という言葉が私の人生を支配しないように頑張ります。

皆さまももし最近時が流れるのが早く感じたら新しいことに挑戦するべきときかもしれません。


YI

予定

最近朝はまだ寒くてお昼は暖かく、夜は肌寒いという日が続いて、体調崩しやすい日が続きます。
桜も関西はすっかり葉っぱになってしまいました。
他の葉も青々しくなってきて、5月は新緑の季節ですがそれに近づいてきたんだなーと感じます。

先日、お電話で贈り物をありがとうというお電話をいただきました。
アンケートにおこたえして下さった方に送る品物があるのですが、それにとても喜んでくださったのが電話でもわかるくらい感謝の言葉を下さりました。

少しでもお悲しみが癒えるお手伝いをさせていただけたように感じました。

Y・S

ギャラリー
  • 開催のご案内