ようこそお越しくださいました。お葬式の裏舞台、わからない事だらけの業界で、日々 奮闘するスタッフ達のブログです。これも何かのご縁です、ゆっくりしていってください。

私たちの想い

今年もあと半月となりました。
急に冷え込みだし、寒い日が続いています。

私どもでは大切な方を送られるお手伝いを
させていただくにあたり、少しでもご遺族の負担を軽減できるように半歩先の気づかいを心がけております。

いづれはおとづれるるその時に、ご遺族が故人様との別れをゆっくりと過ごせることができるようにさせていただく。
これが私どもにできるサービスだとおもっています。

これからも精進してまいります。

YO

天台宗

本日は私自身の宗旨である天台宗が、どのようなことを教える宗派なのか少しお話しさせて頂こうと思います。

天台宗では、私たちの苦しむ原因として、3種類の煩悩を教えています。
これを「(さんわく)」といいます。「惑とは煩悩のことです。この煩悩を断ち、さとりを開くことを「断惑証理(だんわくしょうり)」といいます。
では3つの煩悩とは何かというと、
三惑の1つ目が「見思(けんじ)」で、普通の108の煩悩にあたるものです。2つ目が、「塵沙(じんじゃ)」で、世の中の知識がないために、相手と話が合わせられず、導くことができないことです。3つ目が、「無明(むみょう)」です。無明とは中道の真理に無知なことで、ここでは煩悩のことです。
この3つの煩悩を断つことによって、
煩悩即菩薩、生死即涅槃の真実のさとりを開くことができると言われています。

家の宗旨が天台宗ですが、天台宗について知らなかった事が多くありました。皆さまも、家の宗旨について調べたりしてみるのも良いのではないでしょうか。

H.H

曇天

寒さが増してきて本当に冬が来たなという感じになってまいりました。
暖房器具が無い時代の人は、この寒さをどうしのいでこられたのかと思うと尊敬しかありません。

また、師走というだけあって、本当に1日が早く過ぎて行って12月入ってもう2週間になります。
1日1日大事にしていこうと思います。

そんな早く過ぎていく12月の年末前にはお墓参りに行かれる方も多いのではないでしょうか。
我が家もみんなが年末に帰った時は、揃ってお墓参りに行っていたのですが、最近はなかなか行くこともできなくなりました。
供養の形は各家庭それぞれで、またその年で変わっていくことがあると思います。
家族やお寺様と相談されながら供養の形を作られたらと思います。

Y・S

ギャラリー
  • 開催のご案内