ようこそお越しくださいました。お葬式の裏舞台、わからない事だらけの業界で、日々 奮闘するスタッフ達のブログです。これも何かのご縁です、ゆっくりしていってください。

目的はなにか

ご葬儀の打ち合わせ。 故人様をお送りするご葬儀をどのようにするか? 各ご家庭、喪主様、それを取り巻く親族、親戚、いろんな方の 思いをまとめて、どんな葬儀にするかを決めていくわけです。 たくさんの意見を、ひとつひとつ取り上げていれば、なかなか 段取りは決まりません。 しかし、皆様の意見を少しでも取り入れて、考えうる最良の ご葬儀にしたいのも本音。 しかし、ああだ、こうだと喪主様や故人の遺志を本当に反映されて いるのか?と思うようなこともしばしば。 お葬式とはこういうものだ、と言い切ってしまう方もいらっしゃいます。 良かれと思って、アドバイスとおもい一生懸命お葬式の段取りを 決められる親戚さん。 困っている喪主様にしてみれば、助かるという場合ももちろんあると 思いますが、一から十まで決められてしまい自分の思いが反映されない ということも。 親族や親戚が集まる儀式は、どうしても思い通りにはならないこと がたくさんあります。 それは、逆に言えば、親族の強い繋がりの象徴なのかもしれません。 お世話になっていたり、これからもお世話になったり。 あとは、どこまでお互いの意見を尊重できるか、なのでしょうか?                           HO

七年前の事前相談

昨日、ご葬儀のお打合せをさせていただいたお客様は、
七年前から事前相談をしておられました。

きっかけは、弊社の新聞折り込みチラシをご覧になられてのご相談でした。

長い期間、一途に弊社と決めておられたそうでご縁に感謝です。

s.t


我慢せず

ゴールデンウィーク最後の祝日、いかがお過ごしでしょうか。
いい天気の日が続きお出かけになられた方も多かったのではないでしょうか。

私も子供の誕生日プレゼントを買いに出かけてきました。

中学生の子供のプレゼント、本人に何が欲しいか聞いてもなかなか答えてもらえず・・・。
しかたなく本人を連れて行ってきたのですが、本人なりに遠慮していたみたいです。
子供だと思っていたら、いつのまにかしっかりとしてきていることに気づきました。

気づくといえば、お葬式もまた自分の思うままにはなかなか行かないものですね。
周りの親戚さんの手前や、近所の方の手前など周囲のことも考えて進めないと後で大変なことになることもあります。

そんな悩みの解決方法は、やはり事前に相談しておくことではないでしょうか。

どんな些細なことでもお聞き下さいませ。
YO
ギャラリー
  • 開催のご案内