ようこそお越しくださいました。お葬式の裏舞台、わからない事だらけの業界で、日々 奮闘するスタッフ達のブログです。これも何かのご縁です、ゆっくりしていってください。

鰹節の日

本日11/24は鰹節の日だそうです。

食品メーカー・ヤマキが制定。

「い(1)い(1)ふ(2)し(4)」の語呂合せ。

鰹節は出汁をとる時やお好み焼きや冷奴やおかか和えにはかかせませんね。
せっかくなので鰹節を使った何かを作ろうと思います。

話はだいぶ変わりますが、最近CMでも、もしもは起こると考える・・・というようなフレーズを耳にします。
当たり前のことですが、いつ、誰に、何が起こるかわかりません。
そういった時に備えていろいろ相談する、準備する。
あと知識をつけたり、段取りをある程度想像しておくことで、少しでも不安が薄れ安心したりすると思います。

何かわからないことや相談したいことございましたら、気軽にお問合せしていただくことをおすすめいたします。

Y・S




四苦八苦

寒いですね。

取り敢えず寒いです。

風邪ひかないようにしないといけませんね。


さてさて、この仕事してると仏教とはやはり深く付き合うことになります。

仏教の出発点のお話をさせていただこうかと思います。一切皆苦(いっさいかいく)すべてのものは苦しみである。なかなかに厳しい言葉ですよね。仏教での苦とは人生は思い通りにならないということです。仏教ではまずそれを知ることから始まります。まず、生まれてきたこと。老いること。病むこと。死ぬこと。すべての人に必ずおとずれます。以上の 生老病死の四つの避けられないことを四苦といいます。

さらに、どんなに愛する人とも別れる時が来ること(愛別離苦-あいべつりく)、どんなにいやな人でも顔をあわせなければならないこと(怨憎会苦 -おんぞうえく)、求めても思い通りにならないこと(求不得苦-ぐふとくく)、人としての肉体・精神があるために生まれる苦しみ(五蘊盛苦- ごうんじょうく)の四つを、生老病死の四苦に加え「八苦」といいます。「四苦八苦」という言葉はここからきています。

なんとも苦しみだらけですね。

これらを受け入れる。そしてあきらめる。悟る。ということでしょうか。

まだまだ私には難しく感じます。

まだまだ出発点、成長していきたいものです。

温度差

更に一段と寒くなってまいりました。

寒くなるとお風呂に入る時の温度差で血管が凝縮してしまい、大変な事になってしまいます。

新しいお家や、リフォームしたりしてお風呂場に暖房が完備されていればいいのですが、
そうでなかったり、昔ながらのタイルの壁のお風呂などは湯船に浸かるまでに随分と寒い思いをしなければなりません。
そんな時は入る前に服を着たまま、シャワーでも水道栓からでもお湯を出しておくといいそうです。
出しっぱなしのお湯がもったいないような気になるかもしれませんが、お体の為に是非そうしていただきたいものです。

tt
ギャラリー
  • 開催のご案内
livedoor プロフィール
お葬式日記
  • ライブドアブログ